癌の治し方は自分で行う方が治癒率が高い!

サイトマップ

癌の治し方は抗がん剤・放射線治療を絶対に受けてはいけません。自分で生活習慣を改善し免疫療法で治せるのです。

癌の治し方は自分で行う方が治癒率が高い!

癌の治し方は、自分で行う方が治癒率が高い・・ということを、あなたは知っていますか?

というよりも、自分で生活習慣を改善しない限り癌は治りません。あなたが知っている癌の治し方といえば、おそらく次の三つでしょう。

@抗がん剤を投与する
A癌の臓器を摘出手術する
B放射線治療を行う

実は、この3つは全て間違いです。(ただし、摘出については例えばポリープ除去などの体の負担が軽いものは良いことです。)

あなたは驚いたでしょうか。でもこれが癌の治し方の真実なんです。本当に理解している癌治療専門の研究者は、皆さん同じ意見なんです。

逆に上記の3つを積極的にすすめて「自分で治すなんてバカなことを・・」という医者は、癌を分かっていないか商売のための行動です。

これから癌の原因や治し方を詳しくお話していきますが、簡単に言えば癌の原因は「本人の生活習慣の問題」なんです。ご存じの方も多いかもしれませんが、癌細胞というのは健康な人の体の中にも、毎日毎日生まれ続けているものなんです。

それを免疫細胞たちが闘って、やっつけてくれているから発症しないだけなんです。その免疫たちの働きを弱くしてしまっているのが、あなたの生活習慣・・というわけです。そして改善されたなら、癌は摘出しなくても「自然退縮」で消えていきます。

免疫力は、「自律神経のバランス」が保たれることで正しく働いてくれるわけですが、ストレスを受けたり睡眠・運動不足や栄養のバランスが悪いと、自律神経の働きまで崩れてしまうんです。

例えば一例をあげると、ストレスや緊張は「交感神経」を刺激します。それによって白血球の中の顆粒球が増え過ぎることになります。顆粒球そのものは大切な免疫の一部なのですが、役目を終えて死んでしまう際に「活性酸素」を作ってしまうんです。

活性酸素と言えば、体に悪さをする代表的な存在なのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。この活性酸素が炎症を起こすんです。そして慢性的な炎症が体を痛めつけて癌を引き起こすのです。

いっぽう、「ストレスや緊張が交感神経を刺激・・」とお話しましたが、逆に今度は、リラックスすることで「副交感神経」が刺激されます。するとリンパ球という免疫が活性化します。

厳密に言うと、リンパ球もT細胞などさらに細かく分類は出来るのですが、このリンパ球は癌をやっつけてくれる働きがあるんですね。

顆粒球も異物を除去してくれる大切なものなんですが、リンパ球にしても「バランス」が大事なんですね。どちらが多過ぎても少な過ぎても、偏ってはいけないのです。

ですのでシンプルに言えば、癌の治し方というのは、ストレスを減らして休息リラックスすること・一定時間以上の有酸素運動・食事療法・免疫療法が大前提なんです。これをしないで冒頭の3つの治し方だけでは、治りませんし再発します。

そして、抗がん剤も放射線治療も、実は結果的に顆粒球を増やしリンパ球を減らしてしまうので、悪化する・・あるいは一時的に良くなりかけても癌や他の病気に対して弱い体になってしまう・・という治し方なのです。

だから、本当の最先端の癌の専門医は、その3つの治し方を「絶対にするな!」とまで言うのです。できてしまった癌そのものも、摘出しなくても「自然退縮」で消えてしまうんです・・

 >> 癌になる体質を根本から治してしまう方法