癌と免疫の関係は自律神経のバランスがポイント

癌を撃退してくれる白血球は免疫システムの中心です。

私たちの体には、「免疫」と呼ばれる自己防御システムが備わっているわけですが、ウイルスや細菌、異種たんぱく(自分の体にはないたんぱく質)、癌細胞などの攻撃から体を守ってくれています。

癌細胞そのものは、私たちの体の中に毎日発生しているものです。

白血球は、この免疫システムの中で主役となって機能している血球細胞なんですね。

体を流れる血液の中には、白血球の他にも赤血球が流れています。赤血球は酸素と炭酸ガスを運ぶ機能があります。

いっぽう白血球は、その95%は「顆粒球」と「リンパ球」の二種類で占められています。両者はともに体を敵から守っていますが、それぞれ役割や働き方が違ってます。

顆粒球は、真菌や大腸菌、古くなって死んだ細胞の死骸など、サイズの大きい異物を食べて処理する役割があります。

顆粒球の寿命はとても短くて、約二日間です。そして役目を終えるときは組織の粘膜を死に場所に選び、ここで活性酸素を放出して死んでいくわけなのですが、顆粒球が吐き出すこの活性酸素が、万病を招く元凶なのです。

この活性酸素というのは、とても強い酸化力があって、組織を次々に破壊してしまうからなんです。顆粒球の比率が正常であれば、体内には活性酸素を無毒化する仕組みがあるので大事には至らないのですが、頼粒球が増えすぎると、活性酸素の産生も高まり自力で無毒化するのは難しくなってしまうのです。

その結果、広範な組織破壊が起こり、潰瘍や炎症が生じるようになります。そして、それが慢性化すると癌になるわけです。
この顆粒球は、自律神経の中の交感神経が刺激された時・・つまりストレスや緊張で増えます。

いっぽう、リンパ球はリラックスで副交感神経が刺激されることによって増えます。このリンパ球こそが、憎き癌細胞を殺してくれる救世主なのです。

つまり、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスを取ることが重要だということです。

>> 癌を自分で治す方法を詳しく知りたい方はこちら!