癌の治療と予防は生活パターンを見直すことから

癌は遺伝でもなく、運が悪いわけでもなく、「働きすぎが癌を引き起こしているのです。心身に無理がかからないように、仕事をセーブしましょう」とアドバイスしたとき、癌になっていない人と癌になっている人とでは対処が違ってきます。

癌になっていない人の多くは、「そうはいっても仕事は忙しいし、残業だってやらなきゃいけない。そうそう休めません。」と言うかもしれません。

結局は、癌は「しょせん他人事」で、生活を振り返る気になれないのでしょう。

いっぽう、すでに癌になっている人が同じように考え、働きすぎを改めなければどうなると思いますか。交感神経の緊張はさらに高まり、リンパ球は減り続けて免疫力が低下し、癌は勢力を拡げ転移もしていきます。

自分の働きすぎを止めるには、こうした癌の仕組みを理解しなければいけません。それ以外に、働きすぎを抑制する方法はないからです。自分の命と仕事を天秤にかければ、簡単に答えは出るはずですし、本当の意味で自分の生活を見直すことが出来るはずです。

では、いったいどのくらい仕事を減らせばいいでしょうか?

一律で、働く時間は「一日、何時間以内にしましょう」などのアドバイスを押しつけても意味がありません。癌患者さん本人が、どの程度仕事をセーブすれば楽になるか、自分の体と相談しましょう。

例えば、顔色が悪く・食欲もなく、疲れやすい・だるいというような症状があれば、これらが解消するまで抑えないといけません。そしてたっぷり睡眠をとってください。

体調が良くなるまで、思い切って休暇を取り趣味に没頭するのも良いことです。ですが、頑張り屋さんのあなたは「私の趣味は仕事だ!」と、休むことでイライラが起こるかもしれません。

しかしそんな時は、「、このイライラが癌の原因だったんだな」と思い出しましょう。体の声に耳を傾ければ、「癌が治る」という形で、必ず答えが出てくれます。余計なことを考えず、焦らずにゆっくり休養してください。仕事よりも自分の命の方が大事なははずです。

>> 癌を自分で治す方法を詳しく知りたい方はこちら!