癌を予防し治療するには食物繊維たっぷりの良い食事を

癌を予防し治療するには食物繊維たっぷりの良い食事を摂りましょう。

これは癌の治療に限ったことではないのですがが、体調を整えるために重要になってくるのは、栄養バランスよく食べるということです。

例えば、お肉ばかり食べるとか炭水化物や脂っこいものばかり食べるというのではなく、魚介類、大豆製品、海藻、キノコ類、野菜、果物など、まんべんなくいろいろな食品を摂ってほしいのです。

その中でも特におすすめしたいのが、ワカメなどの海藻類やキノコ類をこまめに摂取することです。

これらの食べ物に含まれている食物繊維は、体内では消化できないのですが、腸はこれをなんとか消化しようとして、腸内にとどめて一生懸命腸管を動かします。腸管の運動は副交感神経を刺激しますので、腸が動いているときは副交感神経を優位にすることができるのです。

自律神経を整えることで、癌に対抗する免疫力が高まります。

自律神経は内臓の働きを調整していますが、このように内臓の運動が逆に自律神経を刺激して働きを促すという作用もあるんですね。

ですので、食物繊維を豊富に含む食品を食べて腸の働きを活発にしてあげれば、そのぶん副交感神経優位の体調を作ることができ、免疫力を高める効果が得られるというわけです。

また、食物繊維は腸内で発生する活性酸素を吸着して体外に出す除去作用にも役立ちます。

>> 癌を自分で治す方法を詳しく知りたい方はこちら!