癌の治療も再発予防も自分で行う時代!

サイトマップ

癌の治し方は抗がん剤・放射線治療を絶対に受けてはいけません。自分で生活習慣を改善し免疫療法で治せるのです。

癌の治療も再発予防も自分で行う時代!

癌の治療も再発予防も、患者さんが自分で行う時代になりました。癌の原因が解明され、メカニズムがしっかり把握できるようになったからです。

そして、今まで一般的な医療現場で行われていた癌の治療法や再発予防法も、間違いだったことが証明されてきているのです。

癌の治療法・再発予防法といえば、お決まりの@摘出手術・A抗がん剤の投与・B放射線治療の3つですが、どれも癌を治すどころか、かえって悪化させたり術後に病気にかかりやすい体にしてしまう危険な治療法だったのです。

悪い理由を上げるとキリがないのですが、例えば手術・放射線治療もそうですが、体内が「クラッシュシンドローム」というショック状態に陥ります。

医師の中には「技術が進歩しているので局部的に治療できダメージは少ないです」というのですが、組織破壊が拡大して全身に影響は及んでいるのです。

交感神経が過度に刺激され、体内に活性酸素が蓄積し、さらに癌細胞を殺してくれるリンパ球という大切な免疫が減少してしまうのです。これはまさに癌ができる原因そのものなんですね。

局部的に手術したり放射線を当てて、その時はその部分が良くなったように見えても、実は体全体のダメージが大きく免疫力も落ちてしまうので、結局は癌が転移したり再発予防も出来ない体になってしまうのです。

そして、抗がん剤も同じことです。癌のような増殖スピードが速い細胞を殺すように作られた薬なわけですが、増殖スピードが速い細胞は癌だけではないわけです。生きていく上で必要な、骨髄の血液細胞や消化器の細胞まで殺してしまうのです。

分かりやすい例としては、抗がん剤治療を受けた患者さんは髪の毛や眉毛が抜けてしまいますね。毛根細胞も増殖スピードが速い細胞だからです。

それと同じように、血液細胞や消化器の細胞もダメージを受けているのです。つまり免疫の主体になっている白血球まで作られにくくなってしまうのです。

癌細胞を殺してくれる白血球にまでダメージを与えておいて、「癌治療です」などとは本来は言ってはいけないのです。抗がん剤は、ある意味「発癌剤」でもあるのです。

免疫学の研究が進んだ現代では、「癌の治療で摘出手術・抗がん剤の投与・放射線治療はやってはいけません!」と、国立大学の医学部教授がきっぱり言っているのです。

正しい癌治療は、自分で生活習慣を整えて免疫療法に注力する・・という時代なんです。出来てしまった癌も、手術しなくても自然退縮で消えていきます。

そして生活習慣といっても、心身ストレス・食事・運動・睡眠・薬品の常用などなど・・様々な要素があります。また、指圧などで自律神経のバランスを整える方法もあります。

総合的にしっかり学んで、癌の治療・再発予防をしていきましょう。

 >> 癌になる体質を根本から治してしまう方法