癌の原因はあなたの生活習慣です!

サイトマップ

癌の治し方は抗がん剤・放射線治療を絶対に受けてはいけません。自分で生活習慣を改善し免疫療法で治せるのです。

癌の原因はあなたの生活習慣です!

癌の原因はあなたの生活習慣です!・・と言うと、「そんなわけないでしょ・・」と思われるかもしれませんが、これは真実です。

そして、癌の原因が生活習慣ならば「自分で治せる!」・・ということでもあります。信じられない方は、原因のメカニズムを知れば納得されることでしょう。では具体的に解説していきます。

まず、健康な人の体にも毎日癌細胞が産まれている・・あるいは食べ物などを通して入ってきている・・ということはご存じでしたか?

他の病気の原因菌などもそうですが、私たちの体というのは、常にそういった異物やウイルスの脅威にさらされているのです。

でも、病気として発症しないのは免疫がそれらを撃退して守ってくれているからです。この免疫の働きがバランスを崩した時に私たちはカゼを引いたり癌になるわけです。

では、癌の原因になる免疫の機能不全は、どうして起こるのでしょうか・・

免疫のバランスは、自律神経のバランスによって保たれています。自律神経は二種類ありますが、ストレスや緊張を受けると「交感神経」が刺激されます。もう一つは、リラックスで刺激される「副交感神経」です。

この二つは、どちらも必要なものなのですが、偏りなくバランスが保たれることが重要です。しかし、現代社会では様々なストレス・睡眠不足・運動不足・偏食や栄養不足・精神疲労・肉体疲労・西洋医学の薬の常用・などが原因で、そのバランスが崩れてしまっているのです。

リラックスする時間がなくストレスにさらされていると、副交感神経は刺激されず、癌細胞を撃退してくれるリンパ球という免疫が減少してしまうのです。

そしてさらに、交感神経が刺激されると顆粒球という免疫が増えます。顆粒球も免疫の一つなのですが、役目を終えて寿命が来ると「活性酸素」という毒物を出してしまうんです。

顆粒球が増えすぎると大量の活性酸素が体内に蓄積し、これが粘膜などの弱い部分を攻撃し炎症を起こす原因になるのです。血行が悪くなり、癌細胞が増殖していきます。

これが癌の原因であり、悪性腫瘍ができるメカニズムなんです。

癌ができる原因が分かったならば、治すのは簡単です。今までの逆の生活習慣を付ければ良いだけです。働き過ぎや心配ごとの元を取り除き、栄養バランスの良い療養食に変え、一定時間以上の睡眠・有酸素運動をし、薬の常用を止め、リラックスして免疫療法を続ければ良いのです。

抗がん剤は、癌を悪化させ他の病気に感染しやすくなる弱い体になってしまうだけなんです。放射線治療も同じです。大がかりな切除手術も体力を失うだけで同じことです。

正しい免疫療法を続ければ、切除しなくても「自然退縮」で癌は消えていくのです。癌の原因を、あなた自身が改善するかどうか・・それだけなんです・・

 >> 癌になる体質を根本から治してしまう方法