癌の症状・初期症状とは

サイトマップ

癌の治し方は抗がん剤・放射線治療を絶対に受けてはいけません。自分で生活習慣を改善し免疫療法で治せるのです。

癌の症状・初期症状とは

癌の症状・初期症状をより理解していただくために、まず先に癌になるメカニズムを簡単にご紹介します。

癌の原因は、ストレスをはじめとする生活習慣の乱れや心身疲労です。それによって、交感神経が刺激され自律神経のバランスが崩れます。

崩れると、白血球の中の免疫細胞のバランスが崩れます。免疫には大きく分けて顆粒球とリンパ球の二つがありますが、交感神経がストレスを感じると顆粒球が増えすぎて、リンパ球が減少します。

リンパ球は、癌細胞を殺してくれる大切な免疫なのですが、それが減ってしまう・・そして顆粒球も大切な免疫なのですが、寿命を終える時に毒物の代表である「活性酸素」を放出してしまうのです。

この活性酸素が体の色んな部分の粘膜を攻撃して炎症が起こってしまうんです。血流も悪くなり、癌が生まれます。

癌ができると、例えばあなたがカゼを引いた時の症状もそうですが、体は熱を出します。体温を上げて免疫の活動を活発にさせ、ウイルスや癌をやっつけようとする働きが起こるからです。

癌が転移するときにも同じ初期症状が出ます。発熱と体がだるい症状がしばらく続きます。

そして、先ほどお話したように炎症が起こっていますので、腫れて痛い症状があります。また、呼吸器系に腫瘍ができれば呼吸が苦しくなる症状も出ます。

また、ノドもとのリンパ節で免疫と癌が闘いますので、そこがボコッと腫れたりする症状も出る場合があります。

それから、初期症状というよりは間接的なデーターでも癌の発症を知ることができます。血液検査で、顆粒球とリンパ球の数値を見ればいいわけです。そしてその数字によって、「癌の度合いが分かる」と同時に「癌になりやすい状況」というのも分かるわけです。

癌は薬や手術だけでは治らず、むしろ悪化させる傾向が強いです。あなたの体の免疫力を上げる療法で、実は癌を自分で治すことが出来るんです。自然退縮で癌の腫瘍は消えていくんです・・

 >> 癌になる体質を根本から治してしまう方法