癌の種類と死亡率の統計

サイトマップ

癌の治し方は抗がん剤・放射線治療を絶対に受けてはいけません。自分で生活習慣を改善し免疫療法で治せるのです。

癌の種類と死亡率の統計

癌の種類と死亡率の統計を解説いたします。日本人の死亡原因の第一位が癌・・と聞くと、あなたは恐怖を感じるでしょう。

しかし、実は癌というのは免疫力が落ちた時にかかるカゼと同じようなものなのです。ストレスなど生活習慣の乱れから免疫力のバランスが崩れ、体内の癌細胞が増殖や転移を繰り返します。

癌細胞自体は、健康な人であっても毎日体の中に生まれ続けています。普段はその癌細胞を免疫力によって撃退しているので発症していないだけ・・なんです。

ですので、癌になる原因も分かっていますし、原因が分かっていますので治すことも出来ます。最新の癌治療では、従来のような抗がん剤や放射線治療はかえって危険とみなされ、患者さんが自分で出来る免疫療法の方が成果を上げています。

さてでは、本題の癌の種類と死亡率の統計を見てみましょう。当然ながら男性・女性では変わってきます。

【女性の癌の種類と死亡率の統計】

1、胃がん:15.6%
2、大腸がん:13.9%
3、肺がん:12.4%
4、肝臓がん:9.0%
5、乳がん:7.7%
6、すい臓がん:7.4%
7、子宮がん:4.5%
8、食道がん:1.3%
9、その他の癌:28.2%
【男性の癌の種類と死亡率の統計】

1、肺がん:21.6%
2、胃がん:18.6%
3、肝臓がん:13.4%
4、大腸がん:11.0%
5、すい臓がん:5.8%
6、食道がん:4.8%
7、前立腺がん4.0%
8、その他の癌:20.8%

という種類・死亡率の統計になります。どの種類の癌でもそうですが、原因は遺伝でも運が悪いわけでもないのです。体に入る空気・食事・水であったり、ストレス・睡眠不足・運動不足・心身疲労・薬の常用など、全てあなたの生活習慣なのです。

ということは、つまり・・癌は防げる病気であり、かつ「自分で治せる病気」なんです。今までの常識は、抗がん剤や放射線治療や切除手術でしたが、最先端の癌の専門医は「それをするな!」とまで言います。

正しい免疫療法で、癌は自分で治せるんです。切除しなくても自然退縮で消えていくんです。

 >> 癌になる体質を根本から治してしまう方法